【原神】鍾離(ショウリ)についてガチ勢が徹底考察

はじめに

今回は原神のキャラクター鍾離について詳しく解説していきます。

キャラクター解説シリーズは逐一やっていこうと思いますが、
まずは自分が使い込んでいるキャラから解説していきます。

鍾離のスペック

鍾離のスペック表です。

硬すぎるシールドとサポート性能まで高いぶっ壊れキャラ。

詳細はこの後説明していきます。

アタッカー適正 3.0
火力 4.0
補助 5.0
継戦能力 5.0
総合 5.0

鍾離のステータス

ステータス


鍾離のレベル90時のステータスは以下です。
  • HP :14695(2位/51キャラ中)
  • 攻撃力:251(18位/51キャラ中)
  • 防御力:738(24位/51キャラ中)
  • LVUPで上昇する固有ステータスは岩元素ダメージバフ(28.8%)

HPが非常に高いですが他に目立った点はありません。

元素スキル

元素スキル(地心(DPS))

山脈の中、大地の上、盤石の間に岩の力が宿っている。しかしこの力を自由に扱える者は少ない。

一回押し

大地の至るところにある岩元素を積み上げ、岩柱を生成する。

長押し

    付近の岩元素を爆発させ、下記の効果を発動する。

  • 岩柱が数の上限に達していない場合、岩柱を生成する。
  • 玉璋シールドを生成する。シールドのダメージ吸収量は鍾離のHP上限によって決まる。
  • 岩元素範囲ダメージを与える。
  • 周りに岩元素を持つターゲットがいる場合、最大2つのターゲットの岩元素を大量に消耗させる。
    この効果によるダメージは発生しない。

岩柱

岩柱が生成された時、岩元素範囲ダメージを与える。

また、岩柱が存在している間、周囲の他の岩元素創造物と一定時間の間隔で原岩共鳴をし、継続的に周囲の敵に岩元素ダメージを与える。

岩柱は岩元素創造物と見なされ、攻撃を防ぐことができ、登ることもできる。

同時に最大1つまで存在可能。

玉璋シールド

全元素ダメージと物理ダメージに150%の吸収効果がある。

玉璋シールドに守られたキャラクターは、付近範囲内の敵の全元素耐性と物理耐性-20%。

この効果は重ねがけ不可。

クールタイム:4(12)
継続時間:30

※()内は長押し時のクールタイム

元素爆発

元素爆発(天星)

巨大な星岩を落下させ、落下範囲内の敵に大量の岩元素ダメージを与え、石化状態にする。

石化

石化状態の敵は行動不能になる。

クールタイム:12
元素エネルギー:40

命の星座のカタログスペックは記事の最後に記載しますが
以降はそれを踏まえた上での考察になります。

キャラクター考察

バランス調整が秀逸な原神の中でも
唯一頭1つ抜けてしまったぶっ壊れキャラ、鍾離先生。

登場当初は弱いと叩かれ炎上し上方修正にまで至りました。

今思えば、修正前の性能が正しかったと感じます。

その評価の最大の要因は強すぎる元素スキルです。

スキルの硬すぎて、長すぎて、高いデバフ性能こそが
鍾離を最強たらしめています。

硬さとデバフについては後程詳しく解説しますが
シールド生成時は12秒のクールタイムがありますが継続時間は20秒です・・・。

ディオナのように祭礼効果をうまく利用してブランクをつないだり
トーマのように爆発をループさせてつなげたりする必要はありません。

クールタイムが終わったら8秒以内にボタンを長押しするだけで
シールドが再展開します。

シールドが永遠に継続するその意味が示すところ、
それは敵のダメージを一切受けない=敵の攻撃を見なくります。

鍾離を使うと下手になると言われていますがそういうことです。

しかもこのシールド中は常に敵の耐性をデバフするというビックリ使用。

ですが鍾離が強いのは元素スキルだけではありません。

元素爆発も中々強力で、自分の周囲(前方寄り)に隕石を降らせて
ダメージを与えるというもので普通に火力が高いです。

しかも元素エネルギー40族なので燃費◎。

固有天武の効果でHP33%分火力を上乗せできるので
シールド強度を上げるついでに火力も伸ばせます。

ボス以外は数秒間石化で行動不能にすることもできて
普通に強力な元素爆発となっています。

元素スキルに比べたら流石にマイルドですがね。

探索適性も高く、特に鉱石集めには必須のキャラです。

このやりすぎ元素スキル(長押し)はおまけで
水晶鉱石を1撃で破壊する効果を持っています。

つまり、元素スキル(長押し)の攻撃範囲は非常に広いですが
この範囲の全ての鉱石が破壊されます。

大剣で1つ1つ壊していたのが馬鹿馬鹿しくなります。

これはダメだって・・・

レザーも1撃で破壊できるけど範囲がちょっと物足りないかな。

硬すぎるシールドを計算してみる

今回は火力ビルドとHP全振りビルドで考えます。

天武Lvは一律9とします。

火力ビルドは武器が護摩の杖、聖遺物のメインオプションが
時計:HP・冠:会心系・杯:岩バフとします。

HP全振りビルドは武器が黒纓槍、聖遺物のメインオプションが
時計:HP・冠:HP・杯:HPとします。

  • 火力ビルド:HP33000
  • HP全振りビルド:HP52000

になったとして計算します。

天武Lv HP シールド量
火力ビルド 9 33000 14550
HP全振りビルド 9 52000 20763

もはやギャグです。

これに加えて天武効果でもっとシールド量が増える為、
実際は上記以上のシールド量となります。

因みに14000~20000は一般的なキャラの最終ステータスとなりますが・・・

12秒間で1キャラのHPがMAXから0になるような状況
原神にはどれほどあるのでしょうか・・・

螺旋や一部のイベント、ボス以外は絶対に壊れないシールドという
認識で間違いないかと思います。

シールドのデバフがやばすぎる件

鍾離のシールドが張られている際、付近の敵の
全元素+物理耐性が20%減少する効果があります。

この効果を検証してみましょう。

一般的な敵(例えばヒルチャールなど)は耐性が10%あります。

なので今回は敵の全耐性が10%だったと仮定します。
※実際こういう敵は多いです。

基礎ダメージが100だったとすると、
耐性10%で与えるダメージは90になります。

これに20%耐性ダウンが行われると
耐性-5%で与えるダメージが105になります。

-5%になる理由はマイナスに対する計算が半減するからです。

10%-20%=0%-10%となりそれ以降の耐性減は半減
つまり0%-10%/2=-5%となります。

つまり105/90=約117%で17%程度ダメージが増加します。

これだけでも中々強いですが、この効果は戦闘中全てのキャラが
基本的に受け続けることになります。

なんなら敵の耐性をダウンしているのでマルチの味方ですら恩恵を受けます。

大前提としてシールドを常に張り続けることは
容易なので効果は持続し続けます。

全元素+物理耐性ダウンなので特定の元素だけではないです。

物理攻撃だろうが、どの元素攻撃だろうが、元素反応だろうが
常駐型の攻撃で裏から攻撃しようが全て17%UPです。

ただ長押しでシールド張るだけで・・・・

因みに同じ計算で翠緑4セットの効果は28%程度
増加が見込まれるので一見上位互換のように見えます。

しかし実情は拡散した元素ダメージのみ増加かつ持続時間は10秒です。

鍾離は元素反応など起こす必要はなく、
拡散を起こそうとした風元素すらダメージUPさせます。

ダメチャレでは上昇値は1でも高いほうがいいですが
実用面では手順が楽で継続力がある事こそ正義です。

そういう意味で鍾離のシールドデバフは
多大なPT貢献をしていると言えます。

余談ですが翠緑4セットと鍾離の効果は重複するので
実戦ではどっちも重ねます。

おすすめ凸数

無凸で完成しています。

ですが、一応お勧めするなら2凸です。

2凸は元素爆発でもシールドを生成出来るようになります。

シールド生成契機が増えるので更なる耐久力の向上になります。

また、シールドを張る手間が省けるので
登場して爆発を使用するアクションのみで全てが完結します。

おすすめ武器

星5では護摩の杖、星4では西風長槍、星3では黒纓槍がおすすめです。

簡単に言うと

  • 火力を求めるなら護摩の杖
  • 爆発の回転率を求めるなら西風長槍
  • シールドの耐久値をを求めるなら黒纓槍

がおすすめになります。

特におすすめは西風長槍です。

これ1本で他はケアしなくても爆発が回せることと、
無色粒子が発生する都合上PTへの元素エネルギーをサポートできる事が理由です。

これに聖遺物を旧貴族4セットとすれば爆発を回しながら
旧貴族のPTバフを掛け続ける事が出来るのでおすすめです。

もちろん西風長槍を持っていなかったり、他のキャラに使っていたりして
使えない場合は迷わず黒纓槍でOKです。

星3武器でも充分強いです。

おすすめ聖遺物

おすすめは千岩牢固4セットか旧貴族4セットです。

鍾離自身のダメージを上げたい場合には絶縁4セットもおすすめです。

ただ鍾離はキャラ性能だけで完成されているので
こだわりすぎることはありません。

2セットの有用な聖遺物を組み合わせるだけでも充分強力です。

4セットは揃ったら付け替えよ~くらいの気持ちでOKです。

因みにブログ主は旧貴族4セットになります。

聖遺物のメインオプションは

火力ビルドの場合、
時計:HP・冠:会心系・杯:岩バフ

とにかくシールドを硬くしたい場合は、
時計:HP・冠:HP・杯:HP

がおすすめです。

実際使用した感想

ん~強いというかPTから外すことできないので
なんて言えばいいのでしょうか。

依存症?ですかね、鍾離依存症です。

PT研究と聖遺物マラソン以外で鍾離をPTから抜くことはありません。

螺旋も勿論永久的にスタメンです。

PTは大きく分けると2つしかありません。

鍾離入りPTか鍾離抜きPTか。

ブログ主は全てのキャラの好感度が10になるまで
使い込んでいますがそのキャラを使う際、PTには常に鍾離がいます。

鍾離のシールドに守られた新しいキャラを使って、
つぇ~とかDPSたけぇとか言っているわけです。

誰がホントに強いのか・・・

1バージョンで新キャラが4体追加される状況になったら
PTから抜けることになるので依存症から脱却できますが
そんな追加されることある???

3体追加じゃ結局、鍾離+新キャラ3体のPTを使っていることでしょう。

総評

とにかく元素スキルの性能が規格外の化け物です。

圧倒的なシールドと非常に長い継続時間、汎用的なシールド
を元素スキルでループできる、それが鍾離です。

加えて、元素爆発の性能も高水準。

鉱石破壊のスペシャリストであり鉱石集めにも欠かせない
探索適性キャラです。

とにもかくにも強く、非の打ちどころがありません。

しいて弱点をあげるとするならば全くダメージを受けなくなる為
敵の攻撃モーションを見なくなり、PSが減少する事です。

たまには鍾離を抜いて息抜きPTで遊びましょう。

最後に

鍾離のキャラ考察は以上となります。参考になると幸いです。

キャラの考察シリーズは随時出していこうと思っているので
良ければ、他の記事も参考にしてみてください。

それでは良き原神ライフを。

補足:記事で触れていないキャラ情報

以下は記事で触れていないキャラ情報になります。

天武(元素スキル、元素爆発以外)

岩の宸断
玉璋シールドはダメージを受けた際に防御効果を発動する。
玉璋シールドに守られたキャラクターのシールド強化+5%。
シールドが消えるまで、最大5回強度を上げることができる。
贅沢な食饌
HP上限を基に、鍾離の下記攻撃のダメージが増加する。
・通常攻撃、重撃と落下攻撃のダメージ増加量:HP上限の1.39%
・地心の岩柱、共鳴と長押しダメージ増加量:HP上限の1.9%
・天星ダメージ増加量:HP上限の33%
結晶推命
長柄武器を鍛造する時、消費した鉱石の15%が返還される。

命の星座

第1重:岩、天下の骨なり
地心の岩柱が同時に最大2つまで存在可能になる。
第2重:石、玉の揺りかご
天星落下時、近くにいる出場中のキャラクターに玉璋シールドを付与する。
第3重:圭璋、闇の中で輝く
地心のスキルLv.+3。最大Lv.15まで。
第4重:黄玉、破れぬ堅さ
天星の影響範囲+20%。
さらに天星の石化効果の継続時間+2秒。
第5重:璧、天理を守る
天星のスキルLv.+3。最大Lv.15まで。
第6重:金、天地の恵み
玉璋シールドがダメージを受けた時、そのダメージ量の40%分のHPを回復する。
一回の回復上限はキャラクターのHP上限の8%。